ENTRY

クレドブログ

CREDO BLOG

クレドミーティング

毎週月曜日、全社員でクレドミーティングを実施しています。
クレドミーティングではクレドカードをもって参加します。
毎回交代で司会役を順番に回し、司会役から順番にクレドの中にあるバリューの1項目について先週の自分がどうだったかを振り返ります。
ここで、自分の行動の振り返りと一緒に働くメンバーがどんなことを考えているかを共有しています。
司会者はメンバーの発表をまとめてチャットツールで共有しています。
メンバー同士のコミュニケーションの輪が広がるとともにさくら印刷において大切なことを頭に入れる機会としています。
元々は社内での価値観の共有のために書かれたものですので若干雑ではありますが、さくら印刷の人たちはいつも何を考えているんだろう?というのを読んで、楽しんでもらえれば幸いです。

11:即レスポンスを心がけます

デザイン課
佐藤 均
佐藤 均

・早く対応しないと忘れてしますことがあるため、その場ですぐに対応する。
・即レスポンスをすためには、準備が一番大事。
・身の回りのものを整理整頓しておくことで、すぐに対応できる。
・急な仕事が入っていても、一つ一つ落ち着いて片付けていく。
・お客様の対応が早く、とてもありがたかった。ラリーを早くするよう心掛けたい。
・優先順位を決めるためにシンプルに考えて、決断したい。
・仕事の流れの中で、相手の事を考えて具体的に時間を教える。
・依然と比べ、とても救急車の対応が早くありがたかった。イメージが良くなった。落ち着いて状態を話すことも大事だ。
・仕事が詰まった時こそ、焦らず、落ち着いて進めていきたい。

10:正々堂々と対応します

デザイン課
伴 美穂
伴 美穂

・9番と繋がるが、「だって」「でも」は口にしないように心掛けている
・定期的に部署内の意見交換の場が欲しい。
・頼られる大人、社会人になれるよう今から正直な人間性でいたい。
・本物になるには、一定のクオリティを保ち、面倒を見ないことにしない、自分に対して正直であれ。
・お客様に役立ててもらうためにやっているので、ユーザーのリアクションを真っすぐに受け止めたい。
などのお話がありました。
嘘をつくことは社内でそうそうない事と思いますが、正直でいることが風通しのよいスムーズな仕事につながることになると思います。今週の11番にもつながることになるので、引き続き気を付けていきたいです。

1:笑顔であいさつをします

総務課
浦田 智菜美
浦田 智菜美

・いつもしているとお馴染みになり挨拶を返してくれるようになった
・挨拶するタイミングをはかると逃してしますので、柔軟にしていきたい
・相手と自分のためにも、気持ちよく大きな声でする
・学校で生徒さんが挨拶してくれるのが清々しく、自分も見習いたい
・マスクの中でも口角を上げて挨拶する。お客さんの第一印象が良くなる
挨拶が返ってくると嬉しいですね。今年から引き続き来年も心がけていきたいです。

9:ポジティブ発言・ポジティブ精神を心がけます

エディトリアルデザイン課
秋葉 良一
秋葉 良一

・ポジティブを無理に意識するより、平常心でいる事も大事である。意外と何とかなってしまうものである。
・SNSなどはネガティブな心を増長させているような気がする。よく考えて発信するのが大事。
便利なツールでも凶器になりかねないので、落ち着いて考えて行動するのが大事ではないかと考えます。

8:ノウハウの蓄積→共有→還元をします

総務課
浦田 智菜美
浦田 智菜美

・自分の技術をしっかり教えたい
・ノウハウを継承し、歴史を継続していきたい
・新しい技術(iPad等)を自分で調べ実践し、それを人にも教えていきたい
・営業は体験してノウハウを蓄積する。積極的に自分で捉えようとすること
・人に教えることができるのは、自分の力になっているという一種の基準になる
知識だけでなく体験してスキルを身につけることで、それを人にも共有していければいいなと思います。

7:チームワークを重視し、生産性の向上します

キャリア教育事業部
植田 楓佳
植田 楓佳

・印刷と製本、隣で話し合いながら進めることができている
・営業さんとの連携プレーでこまかく指示を出してくれて上手くできた
・自分の手が空いたら他の人を手伝うように意識をする
・教えてもらって進めることで安心感にもつながる
・webの場合はチーム作るところから仕事になってくる

7:チームワークを重視し、生産性の向上します

営業サポート課
浅見 美恵子
浅見 美恵子

支店長からはたくさんの人が働いていた昔は、なわばり争いや恐ろしい人が多かったけど、今はそんな事はない。など時代の流れとともにさくら印刷も変わってきている様子が感じられました。
山田さんと佐藤さんは喧嘩するほど仲が良い!とかプロジェクトなどを通して所属の垣根を超えるのもまた、チームワークを作るうえでの大事な事と思います。
結果として、最後はお客様のためになるという結論に達しました。

6:常に改善、常により良くを 考えます

Web制作課
道端 秀典
道端 秀典

仕事でもプライベートでも、皆様色々工夫を重ねている様子をご紹介いただきました。
普段からより良い生活環境を作ろうとする態度は、より良い仕事環境を作る為にもとても役に立つはずです。
また、中でも特に佐藤さんと植田さんのお話にあった、人とのコミュニケーションが改善、つまりは現状打破のきっかけとして重要だという考え方は印象に残りました。
以上を持ちまして今週のクレドミーティングのまとめとさせて頂きます。
皆様今週も頑張ってまいりましょう!

6:常に改善、常により良くを 考えます

製本課
清水 昭廣
清水 昭廣

私は今できる事は、仕事をする時点で動き易いよう心がけます。また、聞いた事は、書きとめるよう心がけたいと思いました。
森川さんや藤平さんから出ましたが、「書きとめたり聞いただけではうまくいかなかったことがあったので、常にその時考えることも大事である」との事でした。

4:約束ごとは必ず守ります

デザイン課
滝澤 千恵子
滝澤 千恵子

・約束は双方が認識・確認・合意して初めて成立するので、曖昧にしない。
・約束したこと自体を忘れないようにする。
・約束を守るためには、時間の管理も必要。
・物事を頼みっぱなしにするのではなく、それが遂行されているかどうかの確認もする。
・アルコール消毒やマスクなど、コロナ禍の過ごし方もきちんと守る。
・納期は勿論のこと、それ以外の決めごとや約束ごとの確認をする。
・仕事によって、納期がずれていたりすることもあるので、さかのぼって確認をする。
・相手に返答をもらう。
などの話がありました。
約束ごとを怠ると、各所に悪い影響を及ぼすことになります。
これからも注意していきましょう!